交通事故の示談交渉

交通事故における示談交渉とは、交通事故の加害者と被害者の当事者同士が話し合って双方が納得できるような条件で話をまとめることをいいます。交通事故における慰謝料といえば、人身事故における通院に対する慰謝料、後遺障害慰謝料などがありますが、裁判などで決めると時間がかかりますので当事者で話がつくとスムーズに進みます。そのようなときに行われる話し合いでの決着を示談といいます。

弁護士実は、示談で支払われるお金のことを示談金といいますが、これは慰謝料とは全く違います。示談金は事故の当事者間で自由に決めた金額のことを言い、慰謝料とは人身事故における肉体的もしくは精神的な苦痛に対する損害を金額で評価したことです。示談金の金額には慰謝料が含まれていますので、慰謝料そのものよりも高額になります。

示談金には、慰謝料だけでなくさまざまな損害に対する費用が含まれています。そのため、示談を行うのであれば必ず内訳を取り寄せ、自分の損害が正当に評価されているかどうかしっかりとチェックしておきましょう。

交通事故における示談交渉は、ある程度の知識を持っていないと有利に進められません。そのため、複雑な案件であれば、交通事故問題に強い弁護士に依頼するのがよいでしょう。任意保険は示談代行付きの保険であるので、保険会社との交渉でもできなくはないのですが、弁護士に依頼することでより高額な損害をしっかりと補填した示談金をもらうことができます。