示談交渉の注意点

示談交渉における注意点はいろいろありますが、一番注意しなければいけないことは示談書に一度サインをしてしまうと、示談が成立し、やり直しができないという点です。示談成立後に書類の内容に不備があった、早急な示談をしてしまったが後遺症があったなどといった場合であっても、やり直しはできません。事故の内容や損害賠償金額、支払期日などが明記されている示談書については、しっかりと内容をチェックし、抜けやミスがないかなど注意をします。

示談金第二に、人身事故か物損事故かによって示談金の金額は大きく変わってきます。どこも痛くないから大丈夫、と安易に物損事故で届け出てしまうとかなり示談金の金額が下がってしまいます。病院の証明書などで管轄の警察署に申請をすれば人身事故に後から切り替えることもできますが、安易に物損事故にしないほうがよいです。

また、示談のタイミングについても注意が必要です。保険会社は問題を早く解決したいため早く捺印するように求めるかもしれませんが、人身事故の場合、症状も固定していないまま示談交渉に応じてしまうと後から障害が出ても損害賠償を請求できません。ですので、このような保険会社の求めには応じる必要はありません。