効果的に示談交渉をするには

交通事故示談交渉の注意点について説明しましたが、もし効果的に示談交渉を行うのでしたら、やはり弁護士に相談するのが最適です。交通事故によってもたらされる損害というのは、精神的苦痛である慰謝料以外にも、車の故障にかかる費用や仕事を休んでしまった場合の休業補償、治療にかかった経費まで多岐にわたります。

弁護士示談金には本来、そのような費用がすべて含まれてないといけませんが、示談書は素人がチェックしてもチェック漏れがある場合があるからです。交通事故を専門としている弁護士に依頼することで、示談金に自分の損害がもれなく含まれているかチェックすることが出来るからです

本来であれば示談は、加害者側の保険会社と被害者側の保険会社が交渉して行いますが、保険会社はどちらも早く処理をしようとしますので、万が一治療方針が算定されていないころに示談を行ってのちに後遺障害が出て後悔することも考えられます。

また、示談が成立しない場合裁判になりますが、弁護士であればこういった裁判にも長けているからです。何よりも交通事故にあって精神的にも安定していない時に、複雑な書類や事務作業をしなければならなくても、弁護士に依頼することでスムーズに進むというメリットがあります。