示談交渉とは

交通事故の示談とは、加害者と被害者が話し合いによって決着をつけるという一連の流れをいいます。加害者が被害者に示談金を支払うことで決着しますが、示談金にはケガで通院や入院をしたときの慰謝料や治療にかかる費用、そして損害賠償なども含まれています

保険会社一般的に当事者同士で示談をすることは無く、保険会社が間に立って行います。保険会社は多くの事故を取り扱っているため同じような事故から判断して示談金を決めて決着します。示談というのは正しい法律用語ではありません。法律的に和解契約と呼ばれており、示談、すなわち交渉によって決められた損害賠償請求や支払い方法は示談書に記されることになります。

交通事故の示談は事故が起きた直後に相手と事故について話し合いを始めることで始まっています。示談をとり行う保険会社の中には、早急に決着をつけようと早い段階での示談書への捺印を求めてくることもあります。ですが、双方納得する示談を実現させるためには、被害者側のケガの程度が分かり、治療の見通しがついてからのほうがよいですし、納得のいくまで交渉したほうがよいでしょう

一方で交通事故から2年が経過すると、加害者が保険会社に請求することが出来なくなりますので注意が必要です。

▽関連情報▽
交通事故の発生から示談までの流れ | 交通事故の慰謝料・弁護士相談ならアディーレ法律事務所